新潟市阿賀野市新発田市税理士・相続税・確定申告・税務申告・税務相談・中小企業診断士会計事務所・経営事項審査


設立前のご相談から日々の経営相談等、須田幸英税理士事務所にお任せください。
税理士・中小企業診断士




サイトマップ

トップページ

建設業経営事項審査

控除早見表

非課税通勤手当

パート収入と税金

所長の一言

公 示 法 人

県内所得ランキング

経営研究会

会社概要

講演会実績

リ ン ク

税金に関するご相談こんなことを載せて欲しいなどのご要望ご意見・経営研究会の案内請求など こちらからどうぞ
メールの方 FAXの方

新潟県阿賀野市天神堂352番地2  TEL 0250−63−9782
FAX 0250−63−9270
須田幸英税理士事務所
 す だ    ゆ き ひ で

所長の一言
継続と反復 
   
 先日、所内の勉強会で仕事に間違いのない人の話が出ました。完璧な感じなのですが、内容は昨年を踏襲しているだけであり、それでは進歩がないのではないかという話です。こうした中、最近出版された「稲盛和夫魂の言葉108」に次のような記述がありました。

 平凡な人材を非凡に変えるものとは、やはり日々の積み重ねなのです。その日その日を懸命に生き、こうした一日が幾重にも積み重なっていくこと。この継続こそが、その人の能力を育て、成長させるのです。「継続は力なり」と言いますが、まさにそのとおりです。

 ここで気をつけなければならないのは、継続が大切だといっても、毎日を何の反省もなく、ただ同じことをやって過ごしていては何の意味もありません。
継続とは、同じことの繰り返し、すなわち反復とは異なります。昨日よりも今日、今日よりも明日、明日よりも明後日と、わずかでも改良点や改善点を見つけ出し、つけ加えていく。
 常に創意工夫と、より良くしようという心がけを忘れないこと。それが蟻の一歩であろうとも、前進は前進です。積み重なれば大きな差となります。このように通い慣れた同じ道を歩まずに、創意工夫を積み重ねながら継続することこそが成功への近道なのです。

 以上です。

 私達は、得てして昨年を踏襲しがちです。私自身もそういう傾向があります。例えば、昨年の文章の日付だけを変えたり、昨年と同じ会計処理をすれば間違いないと考えたりします。しかし、それでは進歩もないし実力も向上しません。
 
 なぜ、反復するのでしょうか?それは楽だからだと思います。
また、ミスも少ないからかもしれません。
しかし、私どもの仕事で言えば「税法」は毎年改正がありますので、昨年を踏襲すると思わぬミスをしてしまうかもしれません。業績をお客様に説明するにしても、今よりもっとわかりやすい資料で説明が出来ないかといったことも考える必要があります。
 あらためて「継続と反復」似て非なるものだと感じた次第でした。

所 長  須 田 幸 英
事務所通信 10月号掲載
バックナンバーはこちらからどうぞ
平成16年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成17年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成18年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成19年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成20年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成21年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成22年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成23年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成24年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成25年  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成26年  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成27年  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成28年  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平成29年   1 2 3 4 5 6 7  9  10 11 12 
平成30年  1  2 3  4  5 6 8  9   10 11  12 
須田幸英税理士事務所
〒959-2012 新潟県阿賀野市天神堂352番地2
 TEL 0250-63-9782 FAX 0250-63-9270
e-mail suda@tkcnf.or.jp

新潟市阿賀野市新発田市税理士・相続税・確定申告・税務申告・税務相談・中小企業診断士会計事務所・経営事項審査